港不動産ロゴ

持続可能な開発目標(SDGs)とはAbout SDGs

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
発展途上国だけでなく先進国自身でも取り組み、日本でも各企業が積極的に参画をしています。

SDGs

カモメ

カモメ

カモメ

港不動産がSGDsに取り組む理由Reason

街の課題を解決し、より住みやすい街づくりを

地域において、人口問題(人口減少と高齢者の増加)に伴った空き家の増加が日々進行しております。またインバウンドや就労による外国人も増加するものの、地域とのコミュニケーションや相互理解ができる「場所と機会」が足りず、そこから理解が遠退き、平等に住まいが提供されていない状況です。イメージが先行する「心と物と地域の障壁」が生まれていることが、街の大きな課題として考えます。

空き家問題

  • 自然人口減少からの空き家が増加、築年数の古い物件も増えており、担い手も少ない状況
  • 空き家について「判断」するための機会が少なく、活路を見いだせていない
  • 昨今の地震、台風などの自然災害による空き家建物被害も重なり、近隣が安住できない状況がある

人口問題

  • 高齢者の増加と人口流入の減少にともない、人口が自然と減り続けている
  • 多世代の住居や、職業をはじめ、さまざまな人やニーズを受け入れる為のまちづくりが発達していない
  • 人口流入の誘致や促進をする機会提供が乏しく、街の情報や魅力が正しく発信できていない

住居の多様化

  • 外国人就労者や留学生、旅行者が年々増加しており、地域に求められるニーズが
    多様化している
  • 地域との相互理解が行き届かず、空き家と居住必要者とのミスマッチが起こっている状況
  • 働き方の変化により、時間・空間の使い方も変わり、駅前に居住が集中し、地域格差がより大きくなってきている

カモメ

カモメ

カモメ

具体的な取り組み内容Effort

私たちに日々できることを継続し、私たちにしかできないことを日々考え、「人と街」が共に協力できる機会を創出します。
地域に暮らす皆さんが安心でき、地域に活力を生むべく柔軟な姿勢と柔軟な思考を育みます。そして地域の魅力を外部発信し、相互理解の普及と固定概念の撤廃を目指します。
(株)港不動産はSDGsを機会と捉え、2030年を節目とし、地域企業の先駆的発信者として、活動していきます。

  • 人や国の不平等をなくそう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • パートナーシップで目標を達成しよう

※株式会社港不動産は上記の項目・ターゲットを中心に活動していきます。

空き家問題解決と再生事業

点ではなく面で、街ぐるみで空き家問題を解決

空き家問題を解決するためには、空き家所有者に対しての事前啓発活動は勿論、増え続ける空き家に関して価値を見出し、街に息吹きをいれる再生利活用・また安全を確保する必要があります。

  • 空き家等から出る廃材等の利活用と外部からの取り入れ

    空き家等から出る廃材等の利活用と
    外部からの取り入れ

    空き家には、箪笥などの残置物が多くあり、またリノベーション等の解体時にも、不要な木材等が多数出ることがあります。本来であればすべて処分されるものを外部へ委託し、加工する術を探索していきます。

  • 空き家利活用・再生事業の自社ブランド構築

    空き家利活用・再生事業の
    自社ブランド構築

    我々は地域密着企業として、街がより良く明るくなるよう、適材適所に新しい息吹きを吹き込んでいこうと考えております。地域の空き家を有効活用するさまざまな手法を構築しております。
    港の灯台のように、明るく照らす「道しるべ」として、このブランドを立ち上げました。ロゴイメージは港の「M」、街への架け橋役を意味します。

「人情ある街 大阪市西成区」街として、人としての受け入れ体制の構築

セミナー風景
みなと塾セミナー風景

みなと塾セミナーの開催

外国人の留学生、また入管法改正による就労者が今後より一層増加する見込みとなっています。ハード面に関しては、今後空き家を活用するなどマッチングは想定できます。しかしながら、ソフト面として「受け入れる側」の人の意識が、固定概念等も含め追いついていない現状があります。
港不動産は受け入れ体制につき、独自で実施、経験した内容や問題点などを地域情報として発信していきます。
提供する場所として、弊社が定期開催する「みなと塾セミナー」を通じ、地域のオーナー様や住民の方へありのままにお伝えしていきます。そうすることで、受け入れる側の判断や意識の変革につながるような仕組みを構築し伝搬させます。
またオーナー様や外国人が互いに接点を持つことができるよう、交流会なども今後開催していきたく考えております。

魅力ある街の情報を発信、安心感と楽しみの提供を

まちなか紹介マップ

西成区まち・ひと紹介マップの作成

あの街に「住んでみたい」、「働いてみたい」、「行ってみたい」。
そのように感じていただく為には、元来ある大阪の文化や、地域の人情と愛着心、魅力を内側から発信する必要があります。
私たち港不動産は、まず地域と話し合い、より協力し合い、強くつながりを持つことで、相互的な発信力を街全体で高めていきます。
そのために、弊社が活用する「360°パノラマクラウドシステム」を活用し、地域の様々な情報をインターネットやSNSを介し、まるで現地にいるような体験型システムを広く発信していきます。
具体的には地域の商店や企業などを、外部の人へ情報発信できるプラットホーム、「西成区まち・ひと紹介マップ」を、弊社ホームページに作成予定です。
物件単位の「点」だけでなく、街や人を「面」で紹介発信することで、安心感や楽しみを外部の人に感じていただきます。地域への人口流入や旅行者の増加に寄与するべく尽力いたします。

住み心地のよい街をみんなでつくる

  • 弊社管理物件等の清掃活動

    弊社管理物件等の清掃活動

    港不動産では、西成区を中心とした周辺地域にて、不動産管理業を行っております。その物件や駐車場、そして周辺地域などをメンバー全員で月に2~3回定期清掃を実施しております。利用する場所や周辺がきれいになることで住み心地も良くなり、安心でき定住にも繋がりやすい。そう信じてこれからも清掃活動を続けていきます。

  • まち全体での清掃活動

    まち全体での清掃活動

    まちで働く企業様、そして住民の方が共同して、地域清掃活動に参画しております。株式会社FURA様が主催される、『西成区を掃除するDAY♪』(毎月第3月曜日)継続することでそれを見た住民の方や企業様も参加される。地域にてコミュニケーションや意識の変化が少しずつ芽生えてきております。弊社も協力参画しながらまちづくりに関する意識の和を広げていきます。

カモメ

カモメ

カモメ

カモメ

カモメ

カモメ

カモメ

カモメ

カモメ

カモメ

pagetop